2015年05月19日

motion打つ前にすること あと動画

1.ローカル軸の確認
2.ボーン表示の並び替え

1はPMXEプラグインでちゃっと済ませます(便利でありがたい)
まず順標準ボーンを入れます(肩Pや足親、指0も)
モーション打つときに普段とローカル軸が違うというのは
ファミコンのコントローラのAとBボタンが入れ替わってるのと同じようなもので
動かしにくいというか、毎回間違えてしまうで時間が掛かります。
打ち始める前に直しておきたいところです
肘などのy軸が逆になってるのも同様です。
こちらは十字キーの上下が逆になってる感じですかね

2は個人的に打ちやすい表示枠の並び方にします
まずは左右で分ける。コピペやまとめて選択のときにあるとないとでは大違い。
あと下半身を体枠に入れます。下半身が下のほうにあるモデルはたくさんあると思いますが
自分は体の枠にいれます。(個人的に上半身やIKと離れているのは手間が掛かる)
そして体枠の下は足です。センター、IK、下半身、足を同時に見る必要があるので。

その他みるとこ(あんまし関係ない
捩じりがどこまで効くかどうか、足IKのさわり心地、上半身と下半身のウェイトの分かれ目
デフォルト姿勢の足やつま先の位置、肩がどこまで上がるか

以上、いろいろ書きましたがこれぐらいことは自分でなんとかしましょう。


そんで最近うpした動画
ながくなりそうなのでショートで一旦

http://www.nicovideo.jp/watch/sm26158259

reammeにも書いたと思いますが(覚えてない
表情はモーフ名をおなじにすると深みが増します
一度私がモーションを付けたあのかのモデルで流してみてください
posted by 粉ふきスティック at 19:07| Comment(0) | 日記